カテゴリー
京都で前撮りするなら 前撮りを楽しむ

大原野神社が前撮りにおすすめな理由

近年結婚式の写真は前撮りでと考えるカップルが増えてきたようです。
結婚式当日は何かと慌ただしいことが多いため、
写真はゆっくりと時間を取って撮りたいという理由なのでしょう。

時間的な余裕

さらには、せっかくならば日本古来の伝統的な和装で
撮影したいと思うカップルにおすすめなのが
京都にある大原野神社です。

源氏物語の作者である紫式部に愛された神社であり、
鮮やかに映える朱色の鳥居と社殿、そして狛犬がわりの狛鹿が
訪れる人々を忙しい日常から解き放ってくれます。

この神社は平安時代から長く続く由緒ある場所であり、
観光などで多くの人が訪れる人気のスポットです。

奈良の春日大社の分社でもあるこの神社は
別名京春日とも呼ばれています。

どことなく春日大社を思わせる静かな佇まいも
人気の一因と言えそうです。

また、京都観光の中心地からは若干離れた場所にあるため、
観光客も他の神社よりは幾分少なめです。

その分ゆったりと前撮りしたい方には、ぜひとも候補に入れておきたいおすすめのロケーション地です。

京都の四季折々の美しい風景の中でゆったり撮影された
和装の前撮り写真は、いつ見ても情景が思い出され、
ずっと記憶に残るのではないでしょうか。

大原野神社で結婚写真の前撮りをしよう

京都市西京区大原野にあるこの名社は、784年に創建されました。
結婚式の前撮りの隠れスポットとして多くのカップルが訪れる人気の神社です。

地元の人たちからは「京の春日さん」とも呼ばれています。

ここで前撮りをする場合には、神社様にお納めする初穂料10,000円がかかります。
また、さまざまなウェディング前撮りのプランを出している
フォトスタジオなどがあるので、そちらに頼めば衣装などもレンタルできますのでお勧めです。

この神社での前撮りは、春ならば広大な境内にある
「千眼桜」と名付けられた美しい枝垂れ桜と一緒に
撮影ができます。

この「千眼桜」は数日間しか咲かないことから、幻の桜と呼ばれています。
この桜が咲いているときに撮影したいというカップルも多いです。

また、文徳天皇が奈良の猿沢池を模したと言われている、
睡蓮の花が咲く「鯉沢の池」の風景も趣きがあると人気の
ロケーションスポットです。

撮影を楽しむ

秋には参道を覆いつくすほどのモミジが色鮮やかに紅葉する中での
白無垢での撮影は、色のコントラストが美しいとカップルにも好評です。

このように美しい景観がたくさんあり、撮影の場所には
ことかかない隠れスポットなので、年代を問わず
色々な人たちが前撮りに訪れています。

カテゴリー
京都で前撮りするなら 前撮りを楽しむ

和装の本場京都の美しい衣装に身を包んで

「美翔苑」は、10年後や20年後にも見返したくなるウェディングフォトを撮影してくれます。

和装の本場の上質な衣装を着ることができ、華やかで上品な写真に仕上がります。

清楚な白無垢から艶やかな色打掛、優雅な引き振り袖と好みやシチュエーションに合わせて衣装をセレクトすることが可能です。

衣装の選択

婚礼衣装の代表格でもある白無垢は、太陽の光が当たるとキラキラと輝きます。
新婚の花嫁らしい初々しさも演出することができ、写真にも良く映えます。

伝統文化を肌で感じることもでき、上質な和装の前撮りが撮れるのがメリットです。
和装の中でも華やかな印象の色打掛は選ぶ柄によって可愛らしくなったり、大人っぽくなることも出来るのが魅力です。

スタジオ撮影専用の最高級打掛も用意されているので、普段ではなかなかお目にかかれないような衣装に出会えます。
凛とした黒やしっかりとした白が印象的な引き振り袖は、ロケーション撮影にぴったりです。
ロケ先の街並みにも映えて、より一層花嫁を美しく見せてくれます。

衣装を決めるときには試着をすることもでき、自分好みの和装に出会えるシステムです。
肌着や足袋はスタジオで用意されているので、新郎新婦は手ぶらで大丈夫です。

ストーリー性のある写真

美翔苑では京都に詳しいカメラマンと連携していて、ストーリー性のあるウェディングフォトを作っています。
新郎新婦の自然な笑顔や表情を引き出して、京都ならではの綺麗な写真に仕上げます。

楽しく撮影

また京都の祇園や神社、お寺などをロケ地に選び、日本の文化を一目で分かるような前撮りになります。

祇園の白川もロケ先の一つで、春には桜を、秋には紅葉を楽しめるスポットです。
四季を通して綺麗な場所なので、ストーリー性のある写真撮影にもってこいです。

神社やお寺は厳かな雰囲気の中で写真を撮ることができ、日本の良さを一番に感じられるようなスポットです。
新郎新婦がそこに立つだけで絵になり、最高のウェディングフォトになるのです。

ロケ先に向かうときにはワンボックスカーでの移動になるので、負担は少ないです。
撮影した写真をより魅力的にするために、アルバムには重厚のある台紙タイプとブック型を用意しています。

撮影した写真はミスしたものなどを除き、ある程度整理されてからデータとして貰えるのも嬉しいポイントです。
今までお世話になった両家に向けたアルバムも用意することができ、日頃はなかなか伝えられない感謝も一緒に伝えられるのもウェディングフォトならではの良いところです。