最近京都で着物を着て歩きたいなんて思います。

毎日の生活に新しい彩りを加えたいのかもしれません。
最近は体の大きな女性や男性でも、京都の素敵な
着物のレンタルができます。

京都 着物 レンタル 口コミのおすすめナンバー1は
どこでしょうか?

LLサイズの着物になるとなかなか柄などが自分の好み
が無い場合がありますが 京都のレンタルですと
さまざまなデザインがあり本場京都の反物で
丹精に作られた物がレンタルできますので、
体の大きな方達でも気軽に貸出が利用出来るので
誰でもいつでも気軽に着る事ができます。

また京都では前撮りも有名です。

おススメの会社は美翔苑さんがお勧めです。

着物

専門の着物を貸出を受け付けているショップも
今では沢山あり、 小さいサイズの方からLLサイズの
大きめの方にも利用できます。

最近ではインターネットで簡単に自分好みの
京都の着物が画像で見れたりセットで貸出て
もらえるショップなどもありますので、
いつの時代でも日本人に愛されてきた衣服と
してもおすすめです。

何か特別なイベントや、お茶会やパーティーなど
にも貸出で気軽に着れるとして注目があり、
最近では多くの方達が利用されていますので、
自分好みのデザインで購入する事なく貸出で
着れるのもおすすめです。

話は変わりますが、東京の繊維街で生地を買って着物を作る人増えている

山手線の日暮里駅周辺は、武蔵野台地と荒川低地の
境目にあるため、 起伏に富んだ地形をしているのが
特徴です。 かつては武蔵国豊島郡に属する地域でした。

道灌山という台地があるように、太田道灌ゆかりの
地としても知られます。

山手線の日暮里駅の近くには東京では珍しい繊維街
があることで有名です。

繊維街には多彩な種類の布を扱う繊維問屋が
多数あります。

レンタル

繊維の問屋街ですが、一般の人でも利用できます。

繊維街のマップも配られていますから、周辺を散策
しながら買い物を楽しむこともできます。

繊維街は手芸や洋裁の趣味を楽しむ人にとっても
貴重な場所です。

他ではなかなか手に入らないような生地を取り揃える
ことができます。

コットン、シルク、ナイロンなどの豊富な種類から好きな布を選ぶことができます。

 

着物の価値と価格は「絹などの生地の品質」や「職人のかける手間」で変わる

着物の価値は生地の品質と、職人が染めや織りにどれだけ手間をかけたかによって違います。

生地の品質という点では木綿より絹の方が上質なのはもちろんですが、同じ絹でも価格に差が出るのは生地を織り上げるのに使われた糸の量が違うからです。
見ただけでは分かりづらいものですが、たくさんの糸が使われている生地は手にしたときにずっしりと重いのに対し、少ないものは軽いので持ってみるとすぐにわかります。

手間という点では、生地を染める回数や、文様や柄を織り込むのにどれだけ時間がかかっているかです。
例えば大島紬だと縦糸に対する横糸の数の多い方が柄が細かく織り上げるのに時間がかかりますし、横糸だけで柄を付けたものより横糸と縦糸の両方で柄を付けて織ったもののほうが時間がかかるので高価です。

江戸小紋も昔は根気よく手作業で柄を染めていましたが、現在はプリントで簡単に柄を付けることができるようになりました。
もちろん手作業で染めたものの方が時間がかかるので高価になります。

加賀友禅や京友禅も糊をもちいて図柄を描いたものは時間がかかるので高価ですが、機械で描いたものは求めやすいです。

機械を使用したものは価格も安くて求め安いので気軽に着物を着たい人には嬉しいものですが、高額でも職人が時間をかけて染めたものを欲しいと考えている人は、しっかりと価値を見極める目をもつ必要があります。

特に普段、着物を見慣れていない人にはこういった区別がなかなかつきにくく、つい高いものが価値のある良いものだと考えてしまいがちです。

風合いや手触り、図柄の緻密さなど、手作業と機械を使用したものではまったく違うので、本当に価値があるものを相応の価格で手に入れるには、やはり本物を見極める目が必要です。